宮城の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん仙台店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん仙台店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

仙台市泉区で外壁屋根全塗装のお客様より外構の追加工事を頂きました


仙台市泉区で8月に外壁屋根の全塗装をさせて頂いたお客様より、外装がきれいになったのでこの機会に庭や門など以前から気になっていたところの工事もして、全体的にリニューアルをされたいとのことでご依頼を頂きました。

 

ビフォーアフター

before
施工前のヒバ
arow
arow
after
施工後のフェンス

工事基本情報

施工内容
部分塗装 その他 
使用材料
シンプレオSY1型横スリットT80 イーネット1F型T80 樹脂モルタル他
施工期間
5日間

前回全塗装のお客様より外構の追加工事を頂きました

仙台市泉区で前回全塗装して頂きましたお客様より、せっかくお家を綺麗にしたのでこの際、以前から気になっていたところを全部直したいとのご相談を頂き、門塀(擁壁)の塗り直しと目隠し替わりにしていたヒバの木をフェンスに変える工事、それに伴う植木の伐採伐根、移植などお庭の周辺の工事を行いました。

施工前 家全体
施工後 家全体

門塀(擁壁)の塗り直し

門塀の下部の土留め擁壁の塗装が剥がれ汚くなってしまっており塗り直しました。13年前に他社で塗装をされたときに擁壁の下部を路面と接地するところまで塗装してしまっており、下に溜まった雨水が塗装面の上の方まで染み込み塗膜が切れて劣化が進んでしまったと思われます。門塀や擁壁を塗装するときは地面との接地面を20~30センチ以上は空けて塗装をしないと起きてしまいやすい現象です。

 

擁壁部分の塗装をすべて削り落とし、モルタル仕上げの施工を行いました。

施工前の擁壁
施工後の門塀(擁壁)

目隠し替わりのヒバの木がきれいなフェンスに生まれ変わりました

目隠し替わりにしていたヒバの木もお手入れが大変とのことでフェンスに変えることにしました。植えてあるヒバをすべて伐採し、土留め擁壁はそのまま残し、擁壁の天板にフェンスの支柱を固定するための穴をあけ(コア抜き)しっかり固定する施工をしました。その際、擁壁も古くコア抜きで割れてしまうリスクも考えられましたが、施主様と相談の上施工しました。問題なく施工できました。

 

植えてあったヒバの木をすべて伐採し、ついでに一本3メートル太さ30センチ程の松の木も伐採伐根いたしました。

施工前のヒバ
施工後のフェンス

アプローチの階段も塗り直しきれいに

門から1メートル程高くなっている玄関へ続くアプローチの階段も塗り直しました。

モルタル仕上げの三和土が長年の劣化で汚くなっていたため、表面を全面削り、樹脂モルタルの薄塗りで仕上げました。

モルタルは塗りたての時に雨がふると雨筋のようなシミができることがあります。白華現象というモルタルの宿命のようなものですが、時が経過すると目立ちにくくなってきます。

今回はなるべく白華を抑えるモルタルで仕上げました。

施工前アプローチ
施工後 アプローチ階段

街の外壁塗装やさん仙台店は外壁屋根塗装の専門店ではありますが、お家のこと全般できることはやらせて頂きますのお気軽にご相談ください。ありがとうございました。

同じ地域の施工事例