宮城の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん仙台店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん仙台店

街の外壁塗装やさん仙台店

〒980-0811

宮城県仙台市青葉区一番町4-1-1
仙台セントラルビル6F

TEL:0120-984-989

FAX:022-218-6121

仙台市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-984-989

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

仙台市泉区で外壁塗装工程の外壁目地シーリング打ち直し


外壁の目地シーリングを打ち直し

外壁のメンテナンスでは、塗装も大事ですが、目地シーリングの打ち直し(交換)をしてあげることも大変重要です。

 

最近の外壁材は窯業系サイディングボードが多く使われております。

 

デザイン性も豊富で、耐久性もよく、コスト的な部分でも選ばれる理由ですが、サイディングボードとサイディングボードのつなぎ目を目地といいシーリングで保護しております。

 

シーリングの耐久性は一般的に10年から長いものでも15年が交換の目安になります。

 

シーリングはボードのつなぎ目の見た目をよくすることと湿気が入るのを防ぐ役割とシーリング自体柔軟性があり、ボードのつなぎ目のクッションの役割もはたしております。

 

地震などの衝撃をやわらげボード自体を保護する役割も果たす重要な部位になります。

劣化した目地シーリング
補修前の目地シーリング
目地シーリングの取り外し

新しいシーリングと交換(打ち直し)

劣化したシーリングは全部外して新しいシーリングを打ち直していきます。

 

今回のシーリング材はシャープ化学工業のヘンセイシリコーンNB-LMを使用します。

 

マスキングテープで養生し、キレイにシーリングを注入し成形していきます。

シーリングの注入
シーリングはしっかり形成
打ち直したシーリング
ヘンセイシリコーンNB-LM

今日の作業は丁寧にマスキングで養生し、シーリングをすべて打ち直ししました。

 

シーリングのメンテナンスは打ち増しと打ち替えがあります。打ち増しはやせ細ったり、剥がれたりしたところに部分的に注入して補修する補法で、打ち直しは古いシーリングをすべて交換する補修の方法です。

 

通常は外壁の塗装のタイミングで打ち替えをしてしっかりメンテナンスしてあげることが大事ですが、良心的じゃない業者によっては、安くしますよと目地の打ち替えもしなかったり、打ち増しでごまかすといったケースもありますので工事前によく確認して下さい。

 

大体外壁の塗装のタイミングで目地も劣化してきますので、せっかく足場を組んで工事をするのですからそのタイミングをのがして後回しにしてしまうと、後々また足場を組んで余計な費用負担をしてしまうことにもなりかねませんので、業者さんに事前によく確認相談して進めるようにしましょう。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

仙台市、大和町、富谷市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん仙台店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-984-989
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん仙台店に